過去のニュース

毅然


2010.11.06.Saturday

沖縄県尖閣諸島で起きた中国漁船衝突事件の状況映像が流出、インターネットに公開された。    日本の領海で9月7日、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突、海上保安部が公務執行妨害の疑いで船長を逮捕。中国側のレアアース輸出手続の遅滞、建設会社社員4人の拘束事件など対日報復の可能性があり船長を処分保留のまま釈放した。那覇地検は国民への影響や日中関係を考慮し釈放との理由をあげた。那覇地検の独自の判断で釈放したとは思われ難い。菅内閣の主体的な意思で政治判断として釈放したと説明するのが当然とおもう。

状況映像は早く公開すべきであった。国民の安全と国益を守るために毅然とした姿勢をとることが先だったはずである。流出犯人捜しよりも先にする事があるのではないか。